会社設立時の事業目的の定め方&注意点

事業目的の定め方と注意点

 

定款への事業目的記載の注意点

事業目的とは、これから会社がおこなう事業内容のことを

いいます。

事業目的は会社を設立する際に、必ず決定しなければなら

ない事項で、定款に必ず記載しなければならない事項(絶対的記載事項)の1つです。

 

【絶対的記載事項とは】

1.目的

2.商号

3.本店所在地

4.設立に際して出資される財産の価額又はその最低額

5.発起人の氏名・住所

以上の5つが絶対的記載事項です

5項目のうちの1項目でも欠ければ定款は無効です。

 

事業目的の違法性、営利性、明確性

定款への事業目的の記載は、目的の違法性、営利性、明確性が求められます。

違法性とは公序良俗又は法令に違反する事業を目的としていないこと

営利性とは会社である以上営利を目的としていること

明確性とは事業内容が明確でどのような内容であるか理解できること

以上の3つに留意して、事業目的を決定します

 

明確な事業目的

定款に記載された目的の内容が不明確な場合、定款認証の際に公証人から定款の認証を

拒否されたり、法務局へ会社設立の登記申請をおこなった際に法務局から補正を命ぜられ

る場合があります。

定款の認証の拒否や登記の補正を命ぜられれば、会社設立手続きの時間にロスが生じ、

事業のスタートが遅れる事態にもなりかねません。

また、会社設立手続きは無事に完了しても、次に許可や認可、登録が必要な事業をはじめる手続

きをおこなう場合に、許認可申請を受け付ける官公署で定めた通りの事業目的の文言が適正に定

款(及び履歴事項証明書等)に記載されていないと、事業目的の変更(事業目的の追加)を求め

られる場合があります(許認可によっては「○○法による△△業」などのように定められた事業

目的を設定しなければならなケースがあります)。

会社設立時に事業目的を決定する際は、明確な事業目的を定めます。

さらに事業内容に許認可が必要な事業がある場合は、あらかじめ許認可申請窓口で事業目的の文

言について確認を求めることをおすすめします。

 

お問合せ・ご相談はメールフォームから

営 業 日
月曜日~金曜日
営業時間
午前9時~午後5時
定 休 日
土・日・祝日
お問合せ
メールでのお問合せ・ご相談は24時間受付ております。
初回メール相談は無料です。
面談相談をご希望の方は、下記フォームよりご希望の日時をお知らせください。

対応エリア

埼玉県全域

・さいたま市(浦和区・大宮区・中央区・西区・北区・南区・見沼区・桜区・緑区・岩槻区)・上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・伊奈町・朝霞市・新座市・志木市・和光市・富士見市・ふじみの市・三芳町・川口市・蕨市・戸田市・春日部市・草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町・川越市・坂戸市・鶴ヶ島市・茂呂山町・越生町・行田市・加須市・羽生市・久喜市・蓮田市・幸手市・白岡市・宮代町・杉戸町・熊谷市・深谷市・寄居町・東松山市・所沢市・飯能市 他

東京都(一部サービス)